四頭茶会

栄西禅師を偲ぶ茶会

2018年6月24日(日)、茶道会館にて四頭茶会に参加いたしました。

初めてお茶を中国から持ち帰ったのは鎌倉時代、栄西禅師と言われております。その栄西禅師を偲ぶのがこの四頭茶会の趣旨になります。この日は雨でした。

高田馬場駅から歩いて約20分に位置する茶道会館。入り口からの景色

高田馬場駅から歩いて約20分に位置する茶道会館。入り口からの景色

栄西禅師へ献茶をされる様子

栄西禅師への献茶

薄茶の入った天目茶碗

薄茶の入った天目茶碗

立教大学と慶應義塾大学の茶道部員に薄茶を点てていただきました

立教大学と慶應義塾大学の茶道部員に薄茶を点てていただきました

男性の着物と袴姿は素敵でした

男性の着物と袴姿は素敵でした

昆布巻など3種いただきました

四頭茶会では昆布巻など3種いただきました

四頭茶会が行われた広間

四頭茶会が行われた広間