点茶盤

点茶盤で一服

 2018年5月6日(日)、守谷市にある和の文化教室主催の月釜にて、点茶盤の手前で一服差し上げました。点茶盤は立礼席の正式であり、裏千家11代家元の玄々斎が明治5年に京都博覧会が催されるに際して創案しました。

床:萬々歳 千家九代了々斎筆 / 花入:曲裏千鳥水指 / 花:菖蒲

床:萬々歳,表千家九代了々斎筆 / 花入:曲裏千鳥水指 / 花:菖蒲

釜:切掛風炉 / 皆具:仁清写丸紋草花絵・鵬雲斎箱・香雲造

釜:切掛風炉 / 皆具:仁清写丸紋草花絵,鵬雲斎箱,香雲造

火箸:龍玉鵬・雲斎箱書

火箸:龍玉鵬,雲斎箱書

点茶盤お点前の総礼

点茶盤お点前の総礼

点心:五月晴れ

点心:五月晴れ

主菓子:粽(ちまき) まるやま千栄堂製

主菓子:粽(ちまき),まるやま千栄堂製

干菓子:鯉・水 まるやま千栄堂製

干菓子:鯉,水,まるやま千栄堂製

立礼席で雰囲気がずいぶん変わり大勢のお客様に楽しんでいただきました。

立礼席で雰囲気がずいぶん変わり、大勢のお客様に楽しんでいただきました。